ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

春色

溝口暁美

今日は仕事で神奈川県の少し田舎のほうに行ってきました。
東京から快速で1時間半、なかなかの小旅行です。ちょうど、私の実家がある対岸の千葉県と同じくらいの時間なんですが、緯度的にも同じくらいのようで、不思議なくらい、景色が良く似ているんです。(交通の便は、神奈川のほうがかなり良いですが・・・)
まず、庭に咲いている花がおんなじ! 梅、桃をはじめ、黄色いレンギョウそして、ラッパ水仙。このところ月に二回くらい来ていますが、来るたびに花が増えているのがうれしくて。ついつい仕事のことを忘れそう(いえいえ、そんなことはありません)。
仕事だということを強調するわけじゃありませんが、写真を撮っている暇はありませんでしたので、・・・代わりにお茶のお稽古で使ったお花をどうぞ。

日向水木.jpg
(日向水木(ひゅうがみずき)といいます)

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/70

第10回 SWOT分析 その2

小島慎一

 SWOT分析は、機会、脅威、強み、弱みという4つの視点から経営環境を分析することができるわかりやすい方法です。しかし、セオリーにしたがっていると落とし穴に陥ることがあります。なぜなら、起業時点では圧倒的に弱みや脅威が多くなってしまうからです。
 事業の開始を左右する弱みや脅威は取り除いたり、避けたりしなければなりません。が、とりあえずは影響がないのであれば無視するに限ります。そうしないと、いつまでたっても起業に踏み切ることはできません。不安なしに起業する方は皆無なのです。まずは「機会」と「強み」を組み合わせる事業展開を心がけましょう。
 SWOT分析は、数字で表される定量的な分析ではありません。数字で表しにくい定性的な分析です。ですから、機会や強みを箇条書きにするだけになってしまいがちです。
 そうですね、機会と強みのトップ3くらいを選抜してください。1つや2つでもけっこうです。選抜の基準は将来も機会や強みでありえるかという観点です。その機会の3つと強みの3つをそれぞれ組み合わせると、どんな事業展開ができるか考えてみてください。
そして、強み中の強みで、競争力の拠り所となるものをコアコンピタンス(中核的能力)といいます。

(今日の1冊)
【はじめての独立開業】 小久保達著 日本経済新聞社
起業のノウハウではなく、起業に至るまでの「なぜ開業できないか」「なぜ成功できないか」という本質的な問題についてわかりやすく解説しています。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/68

昆布が刺身になりにけり

川口佐和子

日本人は刺身好きが多いし、刺身という言葉に弱いですよね
「刺身こんにゃく」とか「竹の子の刺身」とか・・・

刺身好きの極めつけはなんと言っても
「おさしみ昆布」?????
 
 おさしみこんぶ.JPG 板状こんぶ.JPG
 <シンプルすぎるパッケージ>  <海苔のような昆布> 

「こんぶの刺身」かと思って買ったら、どうも雰囲気が違うんです。
バリバリに乾燥しており、そのままで食べると海くさいだけで、固くて味も素っ気もありません。
裏を見ると2〜3分茹でて食べると書いてあります。

茹でたら「刺身」とちゃうやんか!!
てなことをブツブツ言いつつ、指示どおりに熱湯の中へ・・・

こんぶゆで.JPG
  <最初は少しアクのような泡がでます>

ゆだったら水洗いをします。
この時点で食べても、???な味です。
こんぶ特有の「ぬめりけ」も無いし、昆布っぽい味もしません。
残ったゆで汁も、出汁(だし)は出ていないし・・・

ウオォォォォ・・・ダマされた と一瞬思ってしまいました。

まあとにかく食べよ!
ってなことで食べ方説明を見ると
わさび醤油やしょうが醤油で食べると美味しいと書いてあります。

今回はポン酢をかけてみました。

           こんぶゆであがり.JPG
              <刺身?>

おおっ! 結構好きですよ〜この味と食感
油との相性が良さそうなので豚肉と一緒に炒めたり、ぬるぬる食材と合いそうなのでオクラと和(あ)えても美味しそう。
こんぶとなっとうを上に乗せた冷たいお蕎麦もいけそうです。

家庭の中では、出汁を取ったあとの昆布を細切りにして、油揚げとかと一緒に炒めたりしますが、そんな感じの食材です。
筆者が買ったのは、板状の昆布が3枚(55g)で1,000円でした。
ちょっとお高いかな?
ネットで検索すると、この商品と種類は異なりますが、50gで500円くらいから売られています。
北海道や三陸で作られているようです。

ところで、「おさしみ」って・・・「刺身のツマ」なの?
この形状はどうも、刺身の横や下に敷いてある大根の親戚のようです。
お値段を考えると、ちょっと贅沢なツマですね。

ツマとして使わなくても、調理が簡単で料理の仕方も結構幅が広いので、献立のレパートリーを増やすには便利な食材です。

販売者:永田水産
      常呂郡常呂町栄浦216  → 北海道のどこか??

  

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/67


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子