ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

【労働法のことならこの1冊】 河野順一 自由国民社

小島慎一

 最近は企業を退職後に、時間外労働の割増賃金の請求や解雇予告手当の請求など、事業主が訴えられたり、労働組合より団体交渉を迫られるケースが増えています。「ウチでも考えないと」と思ってらっしゃる経営者の方にお勧めの一冊です。

労働法のことならこの1冊.jpg

 テーマ別事典形式で、1項目見開きの構成でスピーディーに読めます。最低限、このくらいの法律武装はしていないと労働者に対抗できません。企業のリスク管理は、まず労務リスクの管理から、です。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/173

【問題解決ファシリテーター】 堀公俊 東洋経済新報社

小島慎一

 刊行後4年たったビジネス書は、役に立たなくなるものが多くなる中で、この本はいまでも「ファシリテーション」の基本書といえます。

 先行き不透明な時代、経営環境が激変する時代、製品・サービスの短サイクル化時代には、過去の成功体験に基づいた意思決定ができる戦術型リーダーではなく、将来の見えない問題に対する意思決定ができる戦略型リーダーが必要とされます。その戦略型リーダーに必要とされるのが、チームの力を発揮させ、問題解決を実現させる技術であり、それがファシリテーション能力です。

 サブタイトルが「ファシリテーション能力養成講座」とあるように、ビジネスにおけるファシリテーターに必要な新しい概念を、事例をもとに指南しています。ファシリテーションというと、会議をうまく運営する方法のようにとらえがちです。が、新しいアイディアを出したり、問題解決をはかるためにグループで行動する際の、効果的なプロセス管理手法と広くとらえた方がよさそうです。すべての会社に必要な能力ではないでしょうか。

問題解決ファシリテーター.gif

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/172

ちゃちゃちゃ

川口佐和子

先日、お茶のコンサルタントをやりたいとおっしゃる
山上さんという男性にお目にかかりました。
お茶といっても、世界各国のお茶に精通していらっしゃるようで
お茶にまつわる色々なお話を、興味深くお聞きました。

山上さんのブログ
http://chachacha.tea-nifty.com/

そうなんです、今回のタイトルは山上さんのURLからお借りしました。

世界中には沢山のお茶の種類があるんですね。

昨年アメリカに行ったときにも、
欧米で昔から飲まれている紅茶やハーブティーだけではなく
中国茶や日本茶が
食品スーパーに並んでいるのを多く見かけました。

今回のアメリカ旅行では
ジャスミンフレーバーのドラゴンパールティーと
ミントティーを購入しました。

ジャスミンとミント.JPG
<左がジャスミンティー、右がミントティー>

ジャスミンティーは、2回前のこのブログで書いた
Barkeley Bowl Marketplace(バークレーボールマーケットプレイス)で
買いました。

ジャスミンティーの硬く丸まっている茶葉が開くとこんな感じです。

        ジャスミンお湯入り.JPG

ミントティーは、TRADER JOE`S(トレーダージョーズ)で購入、
こちらはティーバックです。

トレーダージョーズはPB(プライベートブランド)開発力に、
目を見張るものがあります。
オーガニックというと「味が悪い」というのが3年ぐらい前までの定説でしたが
このスーパーでは、味の良いオーガニック食品を開発し続けています。
PBの価格は全体的にお手頃です。
写真のミントティーもオーガニックで20パックも入って、
2.29$(2ドル29セント)でした。

トレーダージョーズのHP
http://www.traderjoes.com/

ちなみに、ジャスミンティーは9.99$(9ドル99セント)です。
この手の中国茶にしては高くないと思います。

「お茶は、時間の過ごし方を提案するものですよね」とは
最初に登場した山上さんのお話です。

筆者も酔っぱらって帰ってきて、バタンキューの日「以外」は
毎晩、お香を焚いた後に、好きなお茶を飲みます。
すると一日の出来事が、自分の中に沈殿していき
最後には沈殿物がスッと消えていくのが解ります。

その時間があるからこそ
翌日も寝覚めが良く、楽しく仕事に向かえているような気がします。

最近よく使うお茶碗はこれ!
ソウルの仁寺洞(インサドン)の陶器店で購入しました。

お茶碗.JPG

日本人も大好きな街インサドンは、
韓国茶のカフェと雑貨屋さんが立ち並ぶ場所です。

さて、このお茶碗、茶こしがついています。
茶こしの目が細かくて穴の数が少ないので、
細かく揉んである日本の緑茶には向きません(目が詰まってしまいます)。

しかし、ほうじ茶や中国茶など茶葉の大きなお茶にはもってこいです。

お茶入り茶碗.JPG
<お茶が入ったら、茶こしは蓋にのせます>

茶こし付きのマグカップは、日本でも沢山売っていますが
持ち手無しの、この丸いシェイプがなんとも言えず好きです。
茶碗の生地が厚いので、持っても熱くないのがGOOD!!

さて、次はどこの国で
どんなお茶や茶器と巡り会えるか?

(おまけ)
 今日はお天気も良かったので、
 東京の竹橋にある国立近代美術館へお散歩がてら行ってきました。

 柳宗理(プロダクトデザイナー)の展覧会がお目当てでした。
 家具やらテーブルウェアやら、柳宗理の作品を堪能した後、
 なんと!!! 思いもかけず
 横山大観(日本画家)の所蔵作品「特別展」を見ることが出来ました。

 大観の大作「生々流転」は巻物なのですが
 過去に鑑賞したときは、部分だけ
 一巻全て実物を鑑賞するのは生まれて初めてです。
 見終わった後には良質の映画を1本見たのと
 同じぐらいの感動がありました。

 両方を楽しんで、入館料は420円
 ものすごく得した気分になって帰ってきました。

 予期せぬ感動は
 人生を豊かにしますね。

 お時間があったら皆様も足を運んでみたらいかがでしょうか?
 3月4日までの展示です。

 もう1回行こうかな〜 なんて思っています。
 
 国立近代美術館のHP
 http://www.momat.go.jp/


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/58


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子