ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

タイミングと熱意

窪田佐知子

2009年も早いもので55日目を迎えました。
55日といったら、1年の約15%が既に過ぎ去ってしまったという計算になります。
ヒエーッ早いっ!
それにも関わらず、未だ2009年という感覚が体に馴染んでいないのは、
心と頭が老化している証拠かも!?

こんな私ですが、遅ればせながら本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、私は数週間前から、水を飲み始めました!
そう、ただの「水」です
これまで、1日のうちで水を飲むことは皆無でした。
お茶やコーヒーはガブガブ飲んでも、水は全く口にしませんでした。
むしろ、水を飲むのはあまり好きではありませんでした。

ところが、ある日のことです。
知り合いの方に、自分が花粉症であることを話すと、体質改善のために1日に1.5リットルの水を飲むと良いと薦められたのです。

これまでにも、数多くの人に、美容や健康のために水を沢山飲んだ方が良いと言われましたが、まったく聞く耳を持ちませんでした。

ところが、今回は何故か、水を奨めるその人の言葉が胸に響いたのです。
ちなみにその方は、すごいイケメンだった訳ではありません。(笑)
ごくごくフツーのおじさまです。

今、改めてどうして、その人の言葉が胸に響き、
アドバイスを実践したのか考えてみると、「タイミング」と「熱意」のせいだと思います。

自分が花粉症で調子が悪くなり始めて、どうにかしたい!と思っていたタイミングで言われたこと。
また、アドバイスしてくれた人が、とても熱心にそして自分の実践例も交えて具体的に話してくださったこと。
そんなことがきっかけで、私の胸に響いたのだと思います。

水を飲むことが本当に健康に良いのかは別として、
コンサルタントとしてアドバイスすることが本業の私にとって、
アドバイスの「タイミング」と「熱意」次第で、
相手への伝わり度合いが違ってくるということを痛感した出来事でした。


ちなみに蛇足ですが・・・
確かに1日に2リットル近く水を飲むと、何やらイー感じです。
さーて、いつまで続くことやら。。。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/324

師走の決意!

窪田佐知子

やろうやろうと思っていても、なかなかできないことがあります。

整理整頓と、ブログ更新。

どちらも、日々頭の片隅で「やらなくちゃ・・・。やらなくちゃ。。。」
と思ってはいるのですが、
その一歩、いやその一手が出ないまま幾日も経ってしまいます。

苦手意識があるから、すぐに取り掛からず、
放置せずに溜め込むから、なおさら手を出しにくくなってしまう。
まさに、負のスパイラル!

この負の連鎖を断ち切るためには、、、

自分のスケジュールに強制的に盛り込むこと!!
生活パターンに組み込むこと!!

やるべきことは、自分へのルールにしてしまおう。
そうすれば、自然と身につくに違いない。

当たり前のことですが、今一度、基本に立ち返って、
自分で自分を律しなければ!!!と思う師走の初めです。

◆おまけ◆
 師走といえば、なぜか「ブリ大根」が食べたくなります。
 なぜだろー???と思っていたら、
 ブリを、漢字で書くと、魚偏に師=『鰤』ではありませんか!
 やっぱり、ブリは師走に食べるのが一番美味しいに違いないっ!!!と確信する私でした。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/308

洗顔

窪田佐知子

先日、祖父の三十三回忌の法要に行ってきました。
横浜駅からほど近いところにあるお寺ですが、
小高い丘にあるせいか、国道沿いにもかかわらず、静かな空気を漂わせていました。

昔は、お寺の墓地から、横浜の港が見えました。
大きな貨物船が、停まっているようにゆっくりゆっくり動いている様は、
異国の風景のようにも思えたものです。
今では、背の高いビルが、何本も何本も空に向かって伸びてていて、
船はおろか海さえも全く見えなくなってしまいました。
時代の移り変わりの寂しさを少し感じた週末でした。


さて、その法要の席で、お寺の住職さんから説法をいただきました。
そのタイトルが「洗顔」というものでした。

朝、起きてまず顔を洗うこと。
顔を洗うことで、目が開く。
目が開き、世の中が良く見えると、心の目も開く。
心の目が開くと、自分が自分だけで生きているのではなく、
世の中のお陰で生きていることが分かる。
だから、朝起きて洗顔することはとても大事なのです。

というものでした。
今まで、単に身だしなみの一環として顔を洗っていました。
これからは、自分の気持ちをピシッとさせて、
周囲への感謝を忘れずに一日を過ごすための洗顔をしたいと思いました。


難しい話であっても、身近な例えを使うことで、
聴く人にスッと入っていくことを、ご住職の説法を伺い改めて感じました。

セミナー等で人前で説明するとき、なるべく分かりやすい例を話そうと思うのですが、
それがナカナカ難しかったりします。
今度のセミナーでは、多くの人の共感を得られる例を多く出すことを目標にしたいと思います!

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/289

フィーチャリング

窪田佐知子

最近、MTVなどの音楽番組を見ていて思うのは、「feat.」としてアーティストが競演していることが多いということ。
ここ数年の傾向かもしれませんが、最近特に感じます。

実力のある者同士の競演は、1+1=2ではなく、1+1=3にも5にも、ともすれば10にもなるのは確かですよね。

一方、どちらにも実力がない場合、この競演には全く意味がなくなってしまう。
むしろ、マイナスの相乗効果になってしまうということを改めて知りました。

というのも、先日、北区ちょこっと起業にて、起業家の先輩として倉島麻帆さんがお話してくださった中で印象深いお話がありました。
「集まればなんとかなる、ではなく、集まってもなんともならない!」
というものでした。

実力がまだ足りない時に、ついつい仲間で寄り添って、手に手を取り合って苦境を乗り越えようとすることがあります。
ですが、実力不足でお互いを補い合うための競演は、かえってマイナスとなり、お互いの実力さえも出せないという結果になります。

誰かと一緒に何かしたいのなら、まずは自分の実力を少しでもアップさせること、そこから始めなければいけないのだと痛感しました。

明日の私は、今日の私よりどれくらい成長できるのか、自分をもっと鍛えなくてはと思う今日このごろです。


ちなみに・・・、
「feat.」は、「フューチャリング」ではなく、「フィーチャリング(featuring)」なのだそうです。
曖昧なことは、調べるって大事ですね。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/276

叫んでみると・・・

窪田佐知子

先日、とあるコンサートに行ってきました。
場所は、さいたまスーパーアリーナ。

コンサートと言っても、クラシックのような高尚なものではなく、フォーク?ポップ?です。
そこで歌うアーティストが前奏などの合いの手に、「さいたま大好きっ!」と言うので、集まった1万7千人もそれに続けて「さいたま大好きっ!」と叫ぶのであります。

私も「さいたま大好きっ!」と大きな声で叫んでいました。
すると、どうでしょう。これまで感じたこともなかった「郷土愛=愛県心」がムクムクと湧き出て来るではありませんかっ!

人に何か行動を促す時、まず意識付けや意識改革のために教育をするのがセオリーのように思っていましたが、案外、叫んだり、書いたり、単純な行動をすると、意識の方が感化されて、その後の行動にも影響があるケースもあるのだと思った一日でした。

朝礼で、社訓や経営理念などを、みんなで唱えるのも意識に働きかける重要な役割があるのですね。

私も、ついつい無意識化してしまう大事なことを叫んでみよっと。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/270

祝!ギネス認定「およげ!たいやきくん」

窪田佐知子

皆さま、こんにちわ。すーっかりご無沙汰しておりました窪田です。
日々バタバタと過ごすうちに、アッという間に年も明けてしまいました。
もっと頻繁な更新をしなくては・・・。(汗)
ということで、今年も宜しくお願い致します。

さて、突然ですが本題です。
このたび、1975年にリリースされた「およげ!たいやきくん」が、「日本の最も売れたシングル・レコード」として「ギネス世界記録2009」に掲載されることが決まったそうです。

1975年といえば、私がこの世にデビューしたのと同じ年。同級生として嬉しいニュースです♪

ところで皆さんは、「およげ!たいやきくん」の歌詞を覚えてますか?
歌詞の内容を要約すると、
たいやきくんは、毎日毎日、鉄板の上で焼かれて嫌気がさしていたある日、店のおじさんと喧嘩してしまい、海の中へと逃げ込んでしまいました。
たいやきくんは、初めて経験する広い海を満喫して、毎日毎日楽しく過ごしていました。
ところが、ある時、浜辺で釣りをするおじさんに釣り上げられてしまい、食べられてしまったというものです。

小さい頃から私は、たいやきくんの一生はなんて悲しいんだろう、なんて切ない歌なんだろうと思っていました。
せっかく自由を手に入れたのに、最後はあっけなく食べられちゃうなんて・・・、ためらうことなくたいやきくんを頬張ったおじさんを非情でなんてひどい人なんだ!と憤りさえ感じていました。

ところが、ギネス認定のニュースを聞いた日の夜、お風呂で鼻歌まじりに「およげ!たいやきくん」を歌っていて、突如として気付いたのです!

そうか、たいやきくんは、幸せな一生だったのだと。
人に美味しく食べられることこそが、たいやきくんにとって“天命”を全うすることだったのだと。
与えられた“天命”を全うできることほど幸せな生き方はないのだと気付きました。
人にはそれぞれ、与えられた役目や役割があって、それを如何に全うできるかどうかが、大事なように思います。

「およげ!たいやきくん」に出会って、30年近くが経ち、ようやくたいやきくんが自分の中で消化されました。

さーて、自分にとっての“天命”とは何ぞや?と、改めてじっくり考えてみたいと思います。
勿論、たいやきくんを食べながら・・・。


■おまけ情報:
 「およげ!たいやきくん」は、3月5日にCDとして再発売されることが決定しているそうです。買わなくてはっ!

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/246

はじめまして!

窪田佐知子

はじめまして。窪田佐知子です。

マネジメント・ワークショップのホームページリニューアルに伴い、私のブログのページも開設されました。
どうぞ、よろしくお願い致します。

栄えある第1回目のテーマは、「新しいこと」です。

ブログを始めることも新しいことですが、
この度私は、自分と相方との生活を新たにスタートさせました。
今は、これまで全くやったことのない家事に取り組み、アタフタと怒涛の毎日を過ごしています。

ところが、ふと気が付くと、アタフタ、バタバタ、イライラしているのは、私だけ。
相方は、泰然自若、悠々自適、日々平穏に過ごしているではありませんか!?

新しいことを始める時、ワクワクしながら、バタバタしながら、走りながら考えて、転んでは立ち上がりまた走り始めるのが私です。
一方、私の相方は、決して走らず、考えながら黙々と自分のペースで歩くタイプです。

せっかく新しいことを始めるのだから、
色々チャレンジしてみたり、ちょっと無理して頑張ってみたりした方が、絶対に楽しいに違いないっ!
と、私は思っています。

ですが、新しいことに対しても、慌てず騒がず自分のペースで進める相方の方が、イライラすることもなく心穏やかに、すんなり新しい環境に適応しているように思います。

或る人から聞いた話ですが、
南極に行って最後まで身体も心も調子を崩さずに、
健康な状態で残れる人は、
体力自慢の人でも、柔軟に環境対応できる人でもなく、
日常生活を普通に着実に自分のペースで過ごしている人なんだそうです。

なるほど!
新しいことを始める時、浮き足立つ気持ちをチョット抑えて、しっかりと地に足を付けて、自分のペースを守ることも、新しく始めたことを軌道に乗せて継続させていくのに大事なのだと学びました。

とはいえ、チャレンジすることへのウキウキやワクワクする気持ちは、忘れずに持っておきたいと思います。

それでは、今後とも、新しいことへチャレンジし続ける窪田佐知子をよろしくお願い致します。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/226


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子