ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

フィーチャリング

窪田佐知子

最近、MTVなどの音楽番組を見ていて思うのは、「feat.」としてアーティストが競演していることが多いということ。
ここ数年の傾向かもしれませんが、最近特に感じます。

実力のある者同士の競演は、1+1=2ではなく、1+1=3にも5にも、ともすれば10にもなるのは確かですよね。

一方、どちらにも実力がない場合、この競演には全く意味がなくなってしまう。
むしろ、マイナスの相乗効果になってしまうということを改めて知りました。

というのも、先日、北区ちょこっと起業にて、起業家の先輩として倉島麻帆さんがお話してくださった中で印象深いお話がありました。
「集まればなんとかなる、ではなく、集まってもなんともならない!」
というものでした。

実力がまだ足りない時に、ついつい仲間で寄り添って、手に手を取り合って苦境を乗り越えようとすることがあります。
ですが、実力不足でお互いを補い合うための競演は、かえってマイナスとなり、お互いの実力さえも出せないという結果になります。

誰かと一緒に何かしたいのなら、まずは自分の実力を少しでもアップさせること、そこから始めなければいけないのだと痛感しました。

明日の私は、今日の私よりどれくらい成長できるのか、自分をもっと鍛えなくてはと思う今日このごろです。


ちなみに・・・、
「feat.」は、「フューチャリング」ではなく、「フィーチャリング(featuring)」なのだそうです。
曖昧なことは、調べるって大事ですね。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/276

叫んでみると・・・

窪田佐知子

先日、とあるコンサートに行ってきました。
場所は、さいたまスーパーアリーナ。

コンサートと言っても、クラシックのような高尚なものではなく、フォーク?ポップ?です。
そこで歌うアーティストが前奏などの合いの手に、「さいたま大好きっ!」と言うので、集まった1万7千人もそれに続けて「さいたま大好きっ!」と叫ぶのであります。

私も「さいたま大好きっ!」と大きな声で叫んでいました。
すると、どうでしょう。これまで感じたこともなかった「郷土愛=愛県心」がムクムクと湧き出て来るではありませんかっ!

人に何か行動を促す時、まず意識付けや意識改革のために教育をするのがセオリーのように思っていましたが、案外、叫んだり、書いたり、単純な行動をすると、意識の方が感化されて、その後の行動にも影響があるケースもあるのだと思った一日でした。

朝礼で、社訓や経営理念などを、みんなで唱えるのも意識に働きかける重要な役割があるのですね。

私も、ついつい無意識化してしまう大事なことを叫んでみよっと。

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/270

祝!ギネス認定「およげ!たいやきくん」

窪田佐知子

皆さま、こんにちわ。すーっかりご無沙汰しておりました窪田です。
日々バタバタと過ごすうちに、アッという間に年も明けてしまいました。
もっと頻繁な更新をしなくては・・・。(汗)
ということで、今年も宜しくお願い致します。

さて、突然ですが本題です。
このたび、1975年にリリースされた「およげ!たいやきくん」が、「日本の最も売れたシングル・レコード」として「ギネス世界記録2009」に掲載されることが決まったそうです。

1975年といえば、私がこの世にデビューしたのと同じ年。同級生として嬉しいニュースです♪

ところで皆さんは、「およげ!たいやきくん」の歌詞を覚えてますか?
歌詞の内容を要約すると、
たいやきくんは、毎日毎日、鉄板の上で焼かれて嫌気がさしていたある日、店のおじさんと喧嘩してしまい、海の中へと逃げ込んでしまいました。
たいやきくんは、初めて経験する広い海を満喫して、毎日毎日楽しく過ごしていました。
ところが、ある時、浜辺で釣りをするおじさんに釣り上げられてしまい、食べられてしまったというものです。

小さい頃から私は、たいやきくんの一生はなんて悲しいんだろう、なんて切ない歌なんだろうと思っていました。
せっかく自由を手に入れたのに、最後はあっけなく食べられちゃうなんて・・・、ためらうことなくたいやきくんを頬張ったおじさんを非情でなんてひどい人なんだ!と憤りさえ感じていました。

ところが、ギネス認定のニュースを聞いた日の夜、お風呂で鼻歌まじりに「およげ!たいやきくん」を歌っていて、突如として気付いたのです!

そうか、たいやきくんは、幸せな一生だったのだと。
人に美味しく食べられることこそが、たいやきくんにとって“天命”を全うすることだったのだと。
与えられた“天命”を全うできることほど幸せな生き方はないのだと気付きました。
人にはそれぞれ、与えられた役目や役割があって、それを如何に全うできるかどうかが、大事なように思います。

「およげ!たいやきくん」に出会って、30年近くが経ち、ようやくたいやきくんが自分の中で消化されました。

さーて、自分にとっての“天命”とは何ぞや?と、改めてじっくり考えてみたいと思います。
勿論、たいやきくんを食べながら・・・。


■おまけ情報:
 「およげ!たいやきくん」は、3月5日にCDとして再発売されることが決定しているそうです。買わなくてはっ!

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/246


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子