ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

南三陸・気仙沼 仮設商店街訪問ツアー

川口佐和子

「南三陸・気仙沼の仮設商店街を訪問ツアー」ご案内

企画:中小企業診断士復興委員会

<ツアーの企画にあたって>
宮城県の三陸地域はリアス式海岸のため、ひとつひとつの漁港や町が小さく、津波のために町全体が壊滅するという状況にみまわれました。
今回は、南三陸町〜気仙沼の沿岸部をバスで回り、がれきが残る町の様子を視察すると同時に事業者さんがたくましく復興する様子を知って頂くツアーです。
(このツアーは被災地を応援する中小企業診断士が企画するツアーです。
営利目的のツアーではありません。)

※私たちの支援の様子は以下のHPから
  南三陸さんさん商店街応援ページ

南三陸さんさん商店街ゲート風景
ゲート2.JPG

<ツアー行程>
6月16日(土) 日帰り(仙台駅 集合・解散) 
9:30       宮城県仙台駅周辺に集合             
11:30頃     南三陸さんさん商店街 到着
11:30〜12:30 昼食・買い物
12:30〜13:30 地元の方の案内で、南三陸を視察
13:30頃     南三陸出発
14:30     気仙沼 到着
14:30〜17:00  気仙沼の町と紫市場商店街を
17:00頃    気仙沼 出発
20:00頃     仙台駅到着 

<ツアーのお申込みについて>
定 員 先着 40名

費 用  大人   1人 6,800円
        ※振り込み方法などは、申込み後に、ご連絡いたします。

<ツアー代金に含まれるもの>
\臑罅粗郢偉Α禅だ臂臓狙臑羌擇啝偉γ楼萋皸榮哀丱溝
気仙沼商店街への寄付(1,000円)+気仙沼商店街の商品券(500円)
傷害保険(50円)

<申込み締切>
最終締切日 6月8日(金) 

申込用紙はここからダウンロードしてください


最少催行人数:
30名に満たない場合は、ツアーがキャンセルになる場合もございます。
ご了承ください。

途中下車希望の場合:
  気仙沼で下車のご希望がございましたら。事前にお申し出ください。
           (気仙沼で下車されましても、ツアー代金に変更はございません)

<申込方法>
  お申し込みは、申込用紙にてFAX又はメールでお申し込みください。

申込用紙ダウンロード

メールで申し込む場合は、メール本文に下記を記載してお申し込みください。
 ,名前、年齢 ご住所、は⇒軅茲療渡暖峭罅雰搬咫
 せ臆耽与堯´サだ臂造任硫室峇望の有無

その他  気温対策、虫対策など旅行中の健康については、各自でご注意くださいますよう
お願いいたします。その他詳細は、お申込後にご案内させていただきます。

ご不明点は遠慮なく以下にお問い合わせください。
事務局:中小企業診断士復興委員会
       有限会社ワークショップ 内 (担当:川口・溝口)
       〒101-0052 千代田区神田小川町3-24-1-406
        Tel:03-5283-3371 fax:03-5283-3372

メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
 お問い合わせフォーム

商店街の笑顔に会いに行きましょう!
041.jpg

027.jpg


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/395

笑顔と出会って欲しい <閖上さいかい市場>

川口佐和子

笑顔プロジェクトの正式名称は
「被災地100人の経営者に笑顔を取り戻そうプロジェクト」です。

だから、時々、被災地の笑顔をお届けすることにしました。

皆さん、仮設店舗などで頑張っています。
笑顔に会いに行ってください!

笑顔と出会って欲しい PART1は
<閖上(ゆりあげ)さいかい市場> 

店舗棟とオフィス棟が同居している、ユニークな仮設商店街です。
http://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_15797 

お総菜の「匠や」さん
  「ツナマヨ入り ふわふわはんぺんフライ」の食感がたまらない・・・
お惣菜屋さん.jpg

笹かまぼこの「ささ圭」さん
  季節の素材を練り込んだ、「遊里揚(ゆりあげ)」が絶品
笹かま屋さん.jpg

お肉の「フレッシュミートアイザワ」さん
  「メンチカツ」・・・ジューシーです。
お肉屋さん.jpg

日本酒製造の「佐々木酒造店」さん
  津波で残ったのは、1枚の看板と、1つの酒ダンク。現在、仮設工場建設中です!! 
 酒造店.jpg
 
笑顔プロジェクトは、東北の笑顔を求めて
まだまだ前進中です!

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/393

南三陸の笑顔

川口佐和子

笑顔プロジェクトの立ち上げを思い立ってから、約10カ月がたちました。

プロジェクトを進める中での、ひとつのシンボル的な出来事として
2012年2月25日(土)の南三陸さんさん商店街のオープンがあります。

オープンした商店街の入口
アーチ.jpg

東京は被災地に比べれば、ヒトとモノとお金が余っている。
これを上手く、被災地に運んだ上で、事業者の事業再興を支援できないか?

と考えたのが、笑顔プロジェクトの始まりです。
これまでも、個店のオープンのために物資支援や経営相談などを行ってきましたが
南三陸さんさん商店街は29店舗の大所帯。

さてさて、私たちが物資支援をすることができるのだろうか?
などと、考える間もなく、昨年の10月22日に南三陸の商店街の方たちの目の前で
「物資支援しましょう!」と、口走っていました。

それから、4カ月、宮城の「お悩み相談ネット」、東京の中小企業診断士の仲間、
多くの力が結集して、370万円以上の義援金と、200万円以上の物資支援が集まりました。

商店の方たちから出てきた開店のために必要な備品要望は、700件以上。

1、これら手書きの要望書を根気よくデータ化し、
2、価格を調べ、
3、支援金を集め、
4、東京の企業へ物資要請をし、
5、細かい物資を購入し
6、現地に送った物資を仕分けして各店に届ける

全ては、たくさんのボランティアによって成立しました。
ボランティアの皆さん、普段は「コンサルタント」や「カウンセラー」として活動している方たちです。

馴れない仕事に、戸惑いも多かったと思います。

皆さんのおかげで
支援者の勝手な思い込みでは無く、事業者の方たちが本当に必要とするものを
贈ることができました。

「700件以上の要望に応えるなんて無理だよ」と何度か言われたこともありましたが
多くの方たちの思いと、皆の人間力で乗り切りました。

オープンの翌日、商店街を訪問すると
開店準備で疲れているにも関わらず
南三陸には笑顔がこぼれていました。

毎日送る私のメールとのやり取りを、
根気強く続けて下さった、阿部茶舗の阿部さん
阿部さん.JPG

プレゼントした、お雛様の食玩を手に笑顔の
宮城のコンサルタント庄司さん(左)南三陸商工会の畠山さん(右)
食玩.jpg
食玩は東京の玩具メーカー、螢蝓璽瓮鵐箸気鵑らのプレゼントです。126個送って下さいました。

このブログを読んで下さった方は
笑顔に会いに、南三陸を訪ねて下さい。

ここまで笑顔プロジェクトに関わって下さった皆様への
ありがとうの気持ちは、言葉で言い表せないほど深い感謝です。

でも、被災地支援はまだまだ続きます。

笑顔プロジェクトは、震災1年目の2012年3月11日以降
新たな支援活動に入ります。

このブログ上で、またご報告しますね。

これからも、皆さま、笑顔プロジェクトを見守っていてください。

<追記>
オープンの嬉しさで、商店街の食事処
「志のや」さんで、飲み過ぎた〜
刺身.JPG

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/392


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子