ホーム
  • サービス内容
  • 起業家サポート
  • 経営サポート
  • 人事・労務サポート
  • 研修・セミナー
  • お問い合わせ
  • 過去の情報
  • 事業概要
ブログサイト
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子
コンセプトお知らせ最新のブログ

Bristol Farms (ブリストル ファームス)

川口佐和子

明けましておめでとうございます。
今年も、ボチボチ、ブログをやります。

今回はアメリカスーパーマーケット第二弾です。

アメリカのスーパーは
高級かオーガニックか超ディスカウントに分かれていっています。
中途半端な業態が少ないので、見る分には
それはそれで面白いと思います。

Bristol Farms は1982年創業で、グルメ型の高級スーパーとしてよく知られています。
一時期経営不振で、2004年11月アルバートソンズ傘下、2006年6月からはスーパーバリューのグループに入りました。

ブリストル ファームスのHP
http://www.bristolfarms.com/home.html

今回視察した店舗は、サンフランシスコ市役所近くの中心地に位置する、
ノードストロームが核店舗となるSCの地下に、2006年10月に出店した店です。

M&Aの結果、金回りが良くなったのかしら?

高級化に拍車をかけて、日本のデパート内の食品売場をさらに進化させたイメージです。

※ノードストロームはシアトルに本店がある、高級デパート。
 レベルの高いサービス、
 ノーと言わない接客態度でも有名です。  

エントランス.JPG
  <雑貨売場の入口はまるでデパートです>

地下の広い通路を挟んで、食品と雑貨に分かれます。

とにかくその美しさは、行って見てきて欲しい!!

多分、百貨店系の食品スーパーにとっては
良い視察対象だと思います。

観光の日本人ゴロゴロいまして
立地条件から言っても
日常の買い物をする店とは言えないです。

ベーカリー.JPG
 <パン売場も・・・これがスーパーか??>

前回のブログ登場の、バークレイボールとは大違い

何を食品スーパーとするか?
これから日本でも
食品スーパーの定義はドンドン変化しそうです

Bristol Farms(San Francisco Centre )

845 Market St - Suite 010
San Francisco, CA 94103
Westfield San Francisco Centre
Bart Level

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/52

アメリカスーパーマーケット <バークレーボール> 

川口佐和子

2006年11月20日〜25日の4泊6日でアメリカのスーパーマーケット視察に行きました。

少し時間が経ってしまいましたが、何回かに分けてブログを書きます。

今回訪問したのは、サンフランシスコとラスベガス
サンフランシスコで11舗、ラスベガスで9店舗見ました。
(そのうち、セーフウェイとホールフーズは2店舗ずつ見ました)

サンフランシスコで一番楽しかったのが
「Barkeley Bowl Marketplace」(バークレーボール・マーケットプレイス)
インディペンデント系で1店舗しかないのですが、
まあ、混んでいること混んでいること
朝10時前にお店に入ったのですが、1台のレジに5〜6人並んでいます。

バークレーボールHP
http://www.berkeleybowl.com/

ちょうどサンクスギビングデイの前だったので
どこのスーパーも、七面鳥やらケーキやらをせっせと買うお客様で一杯でしたが

このスーパーは、それとはお構いなしに
日常生活用の野菜がめちゃくちゃ売れています。
お客様のカートの中に入れられたアイテムの60%近くは野菜です。

チェックイン.JPG
<レジに並ぶお客様。果物・野菜・花がよく売れています>

お客様は見るからに知識層でベジタリアン。
でも、ベジタリアンばかりという訳でもなさそうで
生鮮の鮮度が良くて、豊富なアイテムから商品を選べるからこそ、
この店が支持されているのでしょう。

売場面積は1,236坪、そのうち225坪(売場面積構成比18.2%)が青果部門とのことです。
日本の小ぶりの食品スーパーなら、この店の青果に一店舗がすっぽり入ってしまいます。

        ゆず.JPG
    <果物・野菜は種類が豊富!左上に“柚子(yuzu)”のPOPが見えます>

価格は安い物から高い物まで、アイテム豊富。
VMDが発達するアメリカの中にあって
ディスプレイは、異色の市場スタイル。

アメリカでは、オーガニック流行(ばやり)で売り方も自然志向。
バラや量り売りが増えてきていますが、
小麦粉やらドライフルーツやら、グロサリーの量り売りの種類は
今回の視察の中でも、この店が一番多かったですね。

  パスタ.JPG  <パスタの量り売り>

創始者は日系のグレン・ヤスダさんということで、
鮮魚の品揃えが豊富なことも目を引きました。

 <まぐろのさくは鮮度もなかなか>まぐろサク.JPG 

 生牡蠣.JPG
 <生牡蠣の瓶詰めも他のアメリカのスーパーではお目にかかれません>

大根をシンボル化したロゴも、素朴で暖かいイメージです。

<印象的な大根のロゴ> ロゴ.JPG 


チェックアウト.JPG
<木を使い、アールを描く天井は、屋内市場の雰囲気>

チラシなんか出さなくても売れる!
従業員の一人はそう言い切っていたとか・・・・

韓国のソウルに、農協が経営するハナロクラブという店がありますが
6年程前に初めて、ハナロクラブに入ったときのような感動を覚えました。

ハナロクラブHP
http://www.hanaro-club.co.kr/Main.do?cmd=read&flag=main

市場のような活気。
商品が生き生きと並べられ
地元の人が、日々の食生活のための買い物を楽しそうにしている。

食品マーケットの原点ですよね!

バークレーボールでは、最近アメリカで流行のデリのケータリングも展開しており
経営努力が、あちらこちらに見て伺えます。

1977年に開業して、店舗を大きくしながら今に至っているスーパーです。
ローカルスーパーの生き残り方を、まざまざと見せてくれました。

因みに、バークレーボールの「ボール」の意味は
最初の店はボーリング場が撤退した後の建物を使っていたからだとか・・・

Barkeley Bowl Marketplace

510-843-6929
2020 Oregon St.
Berkeley, CA 94703

|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/156

カレーです

川口佐和子

以前にもレトルトのカレーについて書いたことがあるので
またレトルト〜
と思われるのも嫌なのですが

これはブログに書いておかなくちゃ!!
と思ってしまったカレーの登場です。

その名も  「カレーです。」

カレー箱表.JPG  <200g 370円>

370円はちょっと高いかなと思いつつ
スーパーの陳列棚に並ぶモノトーンのパッケージに
ぐぐっと引き寄せられてしまいました。

このパッケージを見て
「業務用?」との声も周囲からは聞かれましたが・・・

一色刷のパッケージなので、印刷経費が安くすみます。
一色を補うように、文字に影をつけて、浮き出したように見せているのは
アイキャッチの効果を考えた、それなりの技ですね。

何のカレー?

 「しめじ」です。
パッケージの裏を見ると初めてわかります。
店頭で商品を手に取らせるための、仕掛けも十分です。

カレー箱裏.JPG しめじカレー.JPG
       <しめじ、ジャガイモがゴロゴロ、牛肉も入っています>

販売者の(株)山小屋は長野県のカレーショップです。
納豆カレーの元祖のようでして、きっとカレー好きには有名なのでしょう。

ショップ紹介は以下のURLからどうぞ
http://www.curryshop-yamagoya.com/

味は・・・・・
最近はやりのスパイシー系ではありません。
筆者が子供の頃に食べた、ちょっと粘りけのあるシンプルで懐かしい味がします。

もう一度食べたいか?
と言われると・・・・それほどです。
味に対する感性はひとそれぞれなので
一刀両断してしまってはいけないかもしれませんが
以前、ブログに書いたカレーとは大違いです。

→以前のブログ
http://www.m-workshop.co.jp/cat3/cat6/index.php?page=3

値段が違うんだから、当たり前だろ〜
というご批判も聞こえてきそうですが
「カレーです」は、とにかく、味に深みがありません。

お店で食べたら美味しいのかしら?

納豆カレーと言い、パッケージのデザインと言い
一瞬のインパクトのあるマーケティングが得意のようですが
それだけでは売上は伸びないでしょう

基本があってのマーケティングです
味、美しいパッケージ、それに伴うバランスの取れた価格・・・・

あたりまえのことを、あたりまえに
それができてから、
インパクトのあるマーケティング手法を取るべきだろうな〜と考えます。

色々な意味で印象に残る商品でした。

販売者:株式会社 山小屋 
     長野市上松2−3−12


《おまけ1》
先週末に、オフィスで餃子パーティをやりました
皮から手作りです。

ビールを飲みながら、餃子を作りながら、食べながら・・・ワイワイ
男女問わず、このパーティはいつも好評です。 

餃子皮.JPG 餃子ゆでたて.JPG
      <皮も手作り>       <ゆでたてはビールと相性抜群!>


《おまけ2》
先週、羽村商工会で「営業力強化セミナー」の講師を担当してきました。

目新しい理論が無い!
との手厳しい感想も一部の方から頂きましたが、
ここでも基本は基本
基本の次に、応用編をお聞かせしたいな〜と思っております。

その時に受講者の皆様にお約束した
「営業チェックリスト」をPDFでアップします。
基本事項ばかりですがご参考までに・・・・

PDFのダウンロードはこちらから
営業チェックリストPDF


  


|トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.m-workshop.co.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/145


このページの上へ

ALL page |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30 
コンサルタントプロフィール
  • 窪田佐知子
  • 溝口暁美
  • 小島慎一
  • 大塚昌子
  • 川口佐和子